むかしむかし|ぬくもり3-19

 ―むかしむかし、あるところに、ちいさなちいさなこびとさんのくにがありました。みんな、ひとのてのひらにのれるおおきさなのです。とってもゆたかなくにで、たべるものにはぜんぜんこまりませんでした。あまくておいしいフルーツや、えいようたっぷりのおやさいがとれるからです。くにじゅうのひとたちがなかよしで、いつもたすけあいながらたのしくくらしていました。でも、このくにには、みんなでまもらなければならない、…

続きを読む