御一行様|ぬくもり3-34

 何かに取り憑かれたような画伯の閃きと創作意慾に、ある決意を胸に秘めた渚が、片時も傍を離れず付きっ切りでアシストを続けていた。どうしても、自らの頭に浮かんだ白い竜の姿を描きたい。こちらも殆どボランティアで、沖むらの中広間(チュウヒロマ)の舞台前に下絵を広げていた。菊川由莉がこの白竜浜を訪れてからのわずかな時間に、見目麗しい美人若女将と妹は、彼女の目からも明らかに分かるほど大きな変貌を遂げていた。…

続きを読む

変化|ぬくもり3-33

 ただでさえ厳めしい顔の森下が、今にも鉄拳制裁するのではないかと思わせる形相で、客間の一つに呼び出された彼女たちの顔を睨みつけている。事実、水谷茂と小川直之の二人は、板場の裏で強烈な一撃を見舞われて吹き飛んだのだ。山本茜は、ハンカチを握りしめて泣いていた。気の強い澤田麗奈は、むくれた表情で彼から目を逸らせている。仲居頭の初美は、落ち着かない様子で、若女将が現れるのを待っていた。 「ああ、女将さ…

続きを読む

ドリブル|ぬくもり3-32

 後の後悔、先に立たずとは言い得て妙だ。正美は半ば自虐的に、今の自分をそう断じていた。いけないことだと思いつつも、彼のスマホを、こっそり覗き見してしまったのだ。小紅螺と言う女性とのメールその他が全く見当たらなかった。あまりに不自然ではないか。旅行の幹事を、二人で任されたと聞いている。今は頻繁にやり取りしているはずだった。自分にこうして見られることも、ある程度予測していたに違いない。互いが、まだ互…

続きを読む