罪と罰|ぬくもり3-28

 贅を尽した海乃夢庵は、白竜浜と恋人三が崎、そして鬼ヶ島も一望にできる高台の、誰もが認めるこの町で最高のロケーションに建てられていた。源泉かけながし、檜の野天風呂の付いた広い和室と、高級家具の配されたロイヤルスイートルーム、それに七種類の湯が楽しめる大浴場まで、海野正孝の嗜好に合わせて、さまざまな趣向が楽しめるよう工夫が施されている。仕事を終え、和服姿で現れた凪乃は、年増の事務員の判断で和室に通…

続きを読む