総会|ぬくもり3-43

 生命。何と不思議な存在であろう。広大な宇宙にぽつんと浮かんだ青い星で、あらん限りの、多種多様な生き物たちが日々のいとなみを繰り返している。生まれ、食し、成長して子孫を残す。争うことも、助け合うことも、特に人類においては、愛し合うことも、憎み合うこともあった。生物学的な生命ではなくて、心を持つ生き物としての生命が正に奇跡だった。心とは、一体何であろう。思考や思想、知性や理性、記憶や意識などと表現…

続きを読む